大原孝治氏のすごいプロフィール

有名企業の社長には特徴的な経歴が多いものですが、ドンキホーテの社長である大原孝治氏のこれまでの経歴が凄すぎます。大原孝治のプロフィールの中でも特に目を惹くのは販売員から役員になったというところです。中途入社後に店舗担当者からわずか数年で役員にまで登りつめているので、その間にどれだけの成果を出したのかという事がこのプロフィールからもイメージできる感じになっています。引き抜かれて成果が出せる環境にいたというわけではありませんから、その販売員の状況からトップにまでなるという事は、全ての状況で成果を出し続けたという事になります。

販売員の時は販売員としてとんでもない成果を出したという事でしょうし、経営側に入れば経営者として大きな成果を出したという事にもなるのでしょう。確かにドンキはこれまで業界に革命的な事を何度も起こしてきているのでこうした事が評価されているという事は分かります。ジェネリック家電というような驚くべき家電を世に出したのもここで、このような言葉が出来たのもこの会社の販売戦略があればこそという事が言えるでしょう。これによって家電は価格破壊も起きました。これまで安いと思われていた家電もそれほどではなかったという事がこの会社の活躍によって分かってしまったわけです。今ではジェネリック家電といってもそれほど珍しい事ではありませんが、当時は正にその言葉自体も意味が分からないというぐらいの状況でしたから、こうした事が出来た事自体も凄いという事が分かります。だからこそ短期間でトップになれるほどの成果を上げたのだと考えられます。